2017年11月19日日曜日

米坂線越後金丸付近を行くキハ22

1985年6月 米坂線越後金丸付近を走るキハ22、キハ40、キハ58の3連
当時の山形機関区の気動車で急行を除き山形が米坂線の運用を行っていた。
キハ22は北海道の印象が強いが東北地方でも配置があり山形のものが米坂線、奥羽本線、陸羽西線、鼠ヶ関までの羽越本線で見かけた。

EF64 1001 貨物1985年6月

EF641001〔高崎第二〕牽引の貨物列車 1985年は大規模ダイヤ改正で
貨物列車も大幅削減され主流はEF81牽引となった。そんななかで午後2往復EF64の運用があった。1987年2月には茶色に塗装変更されることになるEF641001もこのころはごく一般的な運用だった。長年茶色だったEF641001も最近この塗装に戻ったらしいが当地では首都圏方面の貨物はEH200、日本海縦貫はEF510となり国鉄型機関車が貨物の先頭に立つことはない。
EF641001の後ろに写っている緑のC20コンテナも今は無い。

新津運輸区で見かけたJR長野支社飯山線色キハ52 121

1999年4月 新津運輸区で見かけた飯山線色キハ52 121  
秋田新幹線開業に伴いそれまで走っていたキハ110系300番代を長野に転出させて飯山線に配置そして余剰になったキハ52は新津へ。キハ58の置き換えに回った。
1997年4月時点で長野にはキハ52が10両(101、102、117、120121122123127、135、137)下線は実際に羽越本線、米坂線などで運用されたもので、下線無は運用されないで廃車になったものである。

キハ58系はキハ28とキハ58合わせて23両あってキハ52の転入によってキハ282371、キハ58677、キハ581022を除いて運用から離脱することとなった。

飯山線色もわずかな期間見ることができただけで新潟色に変更された。

キハ52のうち122、127、137は国鉄一般色に復元されて人気を博した。
2009年の3月ダイヤ改正でキハE120の導入でキハ58とキハ28は廃車解体、キハ52はフィリピンへ転出した。


2017年11月17日金曜日

すすきと鮭の帰ってきた川を渡る

2017年11月12日 加茂川を渡る115系N3編成 447M
加茂川はすすきに覆われ鉄橋の向こうにはさかのぼってきた鮭を捕らえる仕掛が用意されている。
背後の低山にも紅葉が・・・・・晩秋を行く「懐かしの70系新潟色 」115系N3編成。

2017年11月12日日曜日

115系N3編成 434M

2017年11月12日 115系N3編成 里にも紅葉が下りてきた。低山を背に1カット。
N3の「懐かしの70系新潟色」が登場したのが厳冬期本年1月21日であるからそろそろ季節が一周したことになる。 色が塗り替えられたから115系電車が70系電車に見えるということはないが70系が引退した時代を思い出すことができるのかもしれない。
115系の方も各種塗装のラインナップが増えて絢爛たる状況である。
消え去る前の最後の輝きと言える。

鹿島鉄道キハ600型~旧キハ42000系(07系)

1987年8月15日 鹿島鉄道線 後ろには霞ヶ浦が見える。
少しわかりにくい撮影方法となったがこの形式は国鉄キハ42000系(キハ07系)からの改造である。

キハ42000系(キハ07)は九州鉄道記念館に保存車があるが前面は丸みのある外観が特徴である。
この気動車キハ600型は関東鉄道時代に国鉄よりゆずりうけて改造したものである。
1972年に前面の平妻化と車内のロングシート化さらに機械式から液体式に変更など。
キハ42000系時代の面影は車体側面の3つ扉と窓割に残るのみとなっていた。
鹿島鉄道は2007年に廃止になるが1994年に冷房が取り付けられ、塗装は急行型気動車のような塗りわけとなって生涯を終えている。

キハ600型601は1936年川崎車輛     キハ42032(キハ0729)・・鹿島参宮鉄道キハ42503・・・
                関東鉄道キハ42503・・・関東鉄道キハ601・・・鹿島鉄道キハ601
        602は1937年鉄道省大宮工場 キハ42032(キハ0732)・・鹿島参宮鉄道キハ42504・・・
                関東鉄道キハ42504・・・関東鉄道キハ602・・・鹿島鉄道キハ602

本形式については詳細な解説を行っている文献やサイトがあるのでそちらをご覧ください。

2017年11月11日土曜日

新潟交通の機械式気動車改造のクハ37

1981年6月 弥彦山を背に走る左がクハ37と右が日車標準型モハの編成。

クハ37の前身はキハ41080で1934年3月28日に新潟鉄工で落成して大館機関区に。
終戦間近の1944年7月22日新潟交通入りしている。
当面は気動車の姿で走っていたがのちに正面を2枚窓にして側面も改造されている。
この手の改造車は関東鉄道を思い出させるが新潟交通にも存在した。
1989年に廃車になっている。